宮崎・熊本・大分・鹿児島など南九州での経営相談(経営戦略立案・営業力販売力強化・経営革新・企業再生・創業支援)は、B’Sコンサルティングへ。経営塾・セミナー実施中!

TEL.050-3574-9887 FAX.0982-32-0317 受付.平日9:00~18:00

メルマガ★☆★はんじょう通信★☆★132号を発行しました!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━vol.132 .2016.2.14
商売繁盛のヒント★☆★はんじょう通信★☆★  毎週1回発行
┏─────────────────────────────────
┃   ◎ごあいさつ  一旦止まるということも必要
┃ ◎メインコンテンツ 売上を上げるためのコツ 第1回
┃  ◎編集後記    映画「オデッセイ」はおすすめ!
┃   発行:株式会社B’Sコンサルティング 馬場 拓
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

皆様。こんにちは!(株)B’Sコンサルティングの馬場拓です。
いつもメルマガを購読いただきありがとうございます。

今年も早いもので2月の中旬となってきました。
年度末や確定申告が近づいてきましたので、事業者の皆さまは
お忙しいのではないでしょうか。

ずっと走り続けるのは、大変で疲れますがたまには一旦立ち止まって
見ましょう。

立ち止まってみるといいことがありますよ。
1.今まで走ってきたことを振り返ることができる(反省)

2.これからすることをゆっくり考えることができる(計画)

これらは走りながらでは難しいですよね。
経営にとって、人生にとって、たまには一旦止まってみることもおすすめ
ですよ!

それでは今週のメルマガスタートです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メインコンテンツ】 売上を上げるためのコツ 第1回
-------------------------------------------------------------------------
このコーナーでは。売り上げをあげるためのコツについてお伝えします。
製造業・小売り・卸売・飲食・サービス業のあらゆる業種で通用する
普遍的なお話をします。

今回の内容は、「情熱が無くなれば、売り上げも下がる」です。

売上を上げたいというのは、どの業種であっても同じ悩みだと思います。

私も様ざまな方から経営相談を受けますが、多くが売上改善に関わることです。

売上の上げ方については、客数や客単価のアップ等の手法がありますがその前提
として、「その商売に情熱を注ぐことができているのか?」という問いがあります。

例えば衣料品店の経営であれば、商品の仕入れや店づくり・接客について
夢中になってできているのか?

最近マンネリ化してきている。ゴルフばっかりして、違うところに興味が行っている。
プライベートが忙しい等いろんな言い訳をつけて商売に情熱を注ぐことができて
いないのであれば、売り上げはもちろん下がります。

でも経営者の皆さんは昔は夢中になってその商売に情熱を注いでいた時期がある
はずです。好きでその商売をしているわけではないという方は例外、すぐに
止めましょう。

大概の人は、好きだからその商売をしていたはずです。
仕入れが好き、店づくりが好き、商品開発が好き、接客が好き等
皆さん夢中になれるところがあるはずです。

売上を上げたいのであればそれをもう一度思い出し、自分の心に
エンジンを掛けましょう!そうすれば、経営は前に進んでいくはずです。

次回は、「お客様は誰か?を再度明確にする」です。お楽しみに!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】映画「オデッセイ」はおすすめ!
---------------------------------------------------------------------
はんじょう通信いかがでしたでしょうか?

先日、マットデイモン主演のSF映画「オデッセイ」を観に行きました。

監督は、ブレードランナー・ブラックレイン・エイリアンの
リドリースコット。私の大好きな監督です。

この映画はかなり面白かったです。
ストーリーは、火星探査に向かったNASAの調査隊が事故で
マットデイモンを残して、地球に帰り、一人で火星で
生き抜くというサバイバルもの。

そのマットデイモンの生き抜く執念や地球から支援する
スタッフの情熱が感動もんです。

過去最高レベルの面白さでした。
自分の悩みなんて火星に一人で残されたマットデイモンに
比べれば小さなもの。いろんな意味で学びを得ることができる
作品です。

超おすすめ。ぜひ見に行ってください!

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

それでは、またお会いしましょう!

ページトップ