宮崎・熊本・大分・鹿児島など南九州での経営相談(経営戦略立案・営業力販売力強化・経営革新・企業再生・創業支援)は、B’Sコンサルティングへ。経営塾・セミナー実施中!

TEL.050-3574-9887 FAX.0982-32-0317 受付.平日9:00~18:00

メルマガ★☆★はんじょう通信★☆★133号を発行しました!

Webサイトをリニューアルしました↓↓
http://www.bs-consulting.biz
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━vol.133.2016.2.21
商売繁盛のヒント★☆★はんじょう通信★☆★  毎週1回発行
┏─────────────────────────────────
┃   ◎ごあいさつ  叩かれることはいいことだ
┃   ◎メインコンテンツ 売上を上げるためのコツ 第2回
┃  ◎編集後記   一番落ち着くのが読書
┃   発行:株式会社B’Sコンサルティング 馬場 拓
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

皆様。こんにちは!(株)B’Sコンサルティングの馬場拓です。
いつもメルマガを購読いただきありがとうございます。

自分が他人と違うことや常識を覆すことをしようとすると、
必ずそれを批判する人が出てきます。

叩かれたり、変人扱いされるで自信を失ったり、行動を抑制することを
考えるかもしれませんが、世の中を変えた人物ははじめは叩かれました。

でもそれが本当に正しいことであれば気にする必要はありません。
逆にいい線を行っているのではないでしょうか?

「世の人はわれを 何とも言はばいへ わがなすことは 我のみぞしる」
(坂本龍馬)
世の中の人が自分のことをなんと言われようと、自分がするべきことは
自分が一番分かっている。ということです。

とにかく叩かれるくらいにぶっ飛んでいきましょう!

それでは今週のメルマガスタートです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メインコンテンツ】 売上を上げるためのコツ 第2回
-------------------------------------------------------------------------
このコーナーでは。売り上げをあげるためのコツについてお伝えします。
製造業・小売り・卸売・飲食・サービス業のあらゆる業種で通用する
普遍的なお話をします。

今回の内容は、「お客様は誰か?を再度明確にする」です。

経営にとって必要なのものは何でしょうか?
まずはお金だと思います。資金がないと商品仕入れもできませんし、
給料も出せません、そして未来に対する投資もできません。

そのお金はどこから来るでしょうか?はじめは、自己資金や金融機関からの
借り入れですが、その後経営を運営していくためには「売上高」が
元になるはずです。

売上高は誰に対してのモノでしょうか?それはお客様です。

製造業であれば、卸先や元請けになると思いますし、卸売り業であれば
小売り店、小売業・飲食・サービスであれば消費者になります。

要は、「お客様」が経営を決めるということなのです。

それでは皆さんそのお客様が誰かを考えたことがありますか?
その人の顔が浮かびますか?

浮かばなかった人は、お客様のことを明確にしていない可能性があります。
多くの経営者や事業者さんは、お客様を決めないで経営をしています。

婦人服店で対象が女性であっても20代と40代は好みが違いますし、
キャリアウーマンと子育て世帯でも違います。趣味も料理の人も
いるでしょうし、サーフィンが趣味の人もいるかもしれません。

大事なのは「できるだけお客様を具体的に想定する」ことが大切です。

そうすることで商品の品ぞろえや店づくり・販売促進などをニーズに
マッチさせることができます。

ニーズにマッチさせると売り上げが確実に上がります。

もう一度自分のお客様は誰かを再度考えてみましょう。

思い浮かばない人は一番の常連さんや支持を受けている
お客様を思い浮かべてください。その人が一番ニーズに
マッチしているお客様です。

以上が今回の内容でした。

次回は、「売り場レイアウトを変えると売上が上がる」です。お楽しみに!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】一番落ち着くのが読書
---------------------------------------------------------------------
はんじょう通信いかがでしたでしょうか?

1月~2月にかけては例年そうですが、仕事がかなり多忙になり、ストレスも
多くなる時期です。

そんな時、ほっと一息するには私は読書。特に村上春樹を読むのが
好きです。

おすすめは「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」
村上春樹に珍しい冒険小説。2つのパラレルワールドの話で、
何度も読み直しました。

村上春樹の小説は不思議なもので、独特なタッチが読みやすく、しかも
読んだ後に余韻が残る。だから好きです。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

それでは、またお会いしましょう!

ページトップ