宮崎・熊本・大分・鹿児島など南九州での経営相談(経営戦略立案・営業力販売力強化・経営革新・企業再生・創業支援)は、B’Sコンサルティングへ。経営塾・セミナー実施中!

TEL.050-3574-9887 FAX.0982-32-0317 受付.平日9:00~18:00

社長が変わらないと社員は変わらない

業績不振で経営難に陥っている企業において「売上不振」「赤字体質」などがもちろん要因なのですが、

その根本として、「社長と社員の間に信頼関係が無い」ということがあります。

 

口癖のように「○○という部下は仕事が遅い」「○○は信頼できない」というように、社員への愚痴を言う社長がいますが、

そのような社長は社員にも信頼されていません。

 

そのような社員を雇用したのは誰の責任でしょうか?それは社長自身です。

この不景気の中会社の中で社長と部下がバラバラに動いていては、環境変化のスピードについていくことは出来ません。

 

社長は社員のように仕事ができないのは当たり前。もし社長より仕事ができれば、その人はほかの会社の社長が出来ることでしょう。

ということは、社員を変えようと思えばまずは社長の考え方・社員に対する姿勢を変える必要があります。

 

ではどのように考え方や姿勢を変えないといけないでしょうか?

①今いる社員に感謝する

社員の皆様は、人手不足の中、何かのご縁でこの会社で働いている訳です。しかも何かの役割を持って会社で働いています。無駄な社員は一人もいない筈です。

 

②社員一人一人の特性や役割を考える

社員が社長の期待するような成果を出していない場合、その社員のやる気の有無の前に特性に合った仕事をしているのかという問題があります。

人間は働く環境が変われば大きく成長する可能性を秘めています。そのためにも社長は一人一人の社員を観て、役割や仕事を提供しましょう。

自分に合っていない仕事をしていると成果が出ないので、社員も会社も良いことはありません。

 

③将来の道筋を示す

社員は、自分の未来がどうなっていくのかを考えています。自分の未来=会社の未来です。

会社の未来が不透明であれば、社員にとっても未来が見えないので、不安になります。そのためには社長が会社の未来について道筋を示す必要があります。

そして、会社の発展=社員の発展成長が連動するように人材育成や給与手体系なども整備する必要があります。

 

④社員の責任は社長の責任

社員の成功は社員の責任、社員の失敗は社長の責任です。社員が成功するためには失敗を多く経験させるほかにありません。

そのためには、失敗はしても挑戦するという風土を作りましょう。ただし、社員に丸投げはダメです。

きちんと仕事の道筋ややり方を明示してやらせてみることです。

 

⑤褒める

社員が成果を出した場合は、褒めましょう。それも全社員の前で、です。

褒められることで社員は自分の役割や存在意義を再認識し、さらに成長していきます。

 

以上が社員に対する考え方や姿勢ですが、大切なことは「社長と社員が一枚岩になること」です。

そうすれば、どんなことがあっても社員はついてきてくれるはずです。

f01a9519-a6c2-4ef4-828d-c17281b8d4e4

 

ページトップ