宮崎・熊本・大分・鹿児島など南九州での経営相談(経営戦略立案・営業力販売力強化・経営革新・企業再生・創業支援)は、B’Sコンサルティングへ。経営塾・セミナー実施中!

TEL.050-3574-9887 FAX.0982-32-0317 受付.平日9:00~18:00

売上を上げるには当たり前のことを実践すること

昨今、企業から受ける相談の中で、最も多い問題が「売上不振」です。

倒産の要因として最も多いのも売上不振によるもで、どの中小企業にとっても売上回復というものが大きな課題です。

 

売上を上げるためにはどうすればいいのでしょうか?

その前になぜ売上高が減少したのかを分析する必要があります。

 

売上減少の要因を分析しないまま拡大策を取ることは無意味な策を取ることになりかねません。

まず売上高の方程式を確認しましょう。

 

売上高=客数×客単価  

 

客数は、新規顧客数+既存顧客数にわかれます。

客単価は、一点単価×買い上げ点数になります。

 

この中で、売り上げ減少の大きな要因は「客数」にあることが大半です。

新規や既存のお客様が来なくなっているということですが、その原因を考えてみましょう。

 

例えば下記のようなことが考えられます。

①お客様に飽きられてしまった

②他の競合店に乗り移られた

③引っ越したり、亡くなったりした

④来店した際に不満足を与えた

⑤そもそも知られていない

 

新規のお客様の数については⑤の知られていないことがありますが、大切なのは既存のお客様が減少した原因です。

①~④までのことで自分の会社やお店のことで一度振り返ってみてください。

 

大切なことはその原因を「確認しているのか?」ということです。確認も客観的に行うことが大切です。

友人や知人、お客様にアンケートを取るなど、自分の視点よりも客観的視点で確認しましょう。

そうすれば、客数アップの方策が見えてきます。

 

①お客様に飽きられてしまった⇒飽きられないように品揃えや売り場を変更してみる

②他の競合店に乗り移られた⇒競合店を視察に行って、競合に無いような商品・サービスを提供する

③引っ越したり、亡くなったりした⇒顧客名簿の整理、新たな顧客の開拓

④来店した際に不満足を与えた⇒商品・サービス・接客の改善

⑤そもそも知られていない⇒知名度を上げるための、店舗外観見直し、広告宣伝の実施

 

どうでしょうか?そんなに難しいことではないと思います。

大切なことは「今までのやり方を振り返る機会」を持つこと。そこに客観的な視点を持つことが大切だということです。

 

どうしてもずっと会社やお店の中にいると周りが見えなくなってしまいます。

視点を少し遠くから見ることで、課題も見えてきます。

37075378997843c82a6b1c2915ebb9f31

ページトップ