宮崎・熊本・大分・鹿児島など南九州での経営相談(経営戦略立案・営業力販売力強化・経営革新・企業再生・創業支援)は、B’Sコンサルティングへ。経営塾・セミナー実施中!

TEL.050-3574-9887 FAX.0982-32-0317 受付.平日9:00~18:00

人材確保のポイント

中小企業において人材確保は重要なポイントです。人材確保が出来ず、店舗閉店を余儀なくされる飲食店も出てきています。

建設業・製造業、特に飲食・サービス業において人手が不足しており、労働集約型の事業であれば特にサービスの品質が落ちてしまいます。

 

商品サービスの品質が低下すれば、顧客不満足を得て、ますます客数が減少し、より経営的に厳しくなります。

 

では、どのようにしたら人材の確保ができるのでしょうか?

もちろん、賃金や福利厚生面、人材育成の充実などが想定されるでしょう。それらも重要です。

 

今日お伝えしたいのは、人材を確保する以前の考え方です。

 

「人が集まらない」「いい人材が来ない」などなど、様々な声が聞こえてきますがそもそも

「どのような人材が来てほしいのかを明確にしているのか?」

という問題があります。

 

ただ人が来てほしいというのではあまりにも漠然とします。具体的に人物像を思い浮かべると本当にその人材が確保できます。

「年齢・男女別・学歴・職歴・得意分野・性格・容姿」など具体的に思い浮かべます。ただ男女雇用機会均等法により、

求人をする場合には男女の別などは記載できないので、ここでは採用したい人物像を事前に決めておく。ということです。

 

実際にあるサービス業で幹部候補生を採用したいという相談があり、一緒に採用担当者と採用したい人物像を具体的に明確にしていきました。

そこでは年齢層やキャリア、などを明確にしましたがその後1か月してから求人をした際に何名か応募があった中に

まさに事前にイメージした通りの人があり、見事採用することができました。今は無事に幹部として活躍されています。

 

「引き寄せの法則」というものがあります。

 

人間思い浮かべたこと、なりたいイメージ、ほしいものなどが実際に引き寄せるという現象です。

潜在意識がそうさせるということもありますが、まずは思い浮かべるということが現実として行動し、物質として手に入る第一歩です。

 

これは人材確保にも言えることです。

どんな人に会社に来てほしいのか、その人物像を具体的にイメージすると本当にその人物がやってきます。

事前に考えずむやみやたらに採用しては、その後相性が悪かったりして定着率が下がります。

であるならは事前にイメージしておけば採用しても定着率が上がるのではないでしょうか?

 

ぜひ試してみてください。

⑦法人事業

ページトップ