宮崎・熊本・大分・鹿児島など南九州での経営相談(経営戦略立案・営業力販売力強化・経営革新・企業再生・創業支援)は、B’Sコンサルティングへ。経営塾・セミナー実施中!

TEL.050-3574-9887 FAX.0982-32-0317 受付.平日9:00~18:00

後継者への主体性の持たせ方

社長にとって後継者が自分と同じように経営をすることが出来るのか、非常に不安です。

「任せることが出来るのか」「自分で考えてできるのか」色々不安なことを上げるときりがありません。

 

ただよく考えてください。

 

「社長である自分と後継者は違う人間」であるということです。

社長が起業をして今の代を築いたのであればなおさら後継者は起業者ではなく、企業者です。

「起こすこと」と「引き継ぐこと」はどちらも大変ですが仕事が全く違いますし、後継者に「起こすこと」を求めるのは酷です。

 

起業はエネルギーも必要ですし、軌道に乗せるまでも苦労されたことでしょう。

でもそれを後継者に望むのは違います。後継者は本当に社長が出来るのかという不安が大きいのです。

 

後継者に必要なのは「自信」です。

自分が社長になってやれるんだ、リーダーとしてやれるんだという自信をつけてあげるのが

先代の大きな仕事です。

 

では自信をつけるにはどうしたらいいでしょうか?

これは後継者育成のみならず、社員教育や子育てまで同じことだと思います。

 

①任せる

ある部分を思い切って任せましょう。事業部でもいいし、仕事の一部分でもいいです。

自分自身の裁量で動ける余地を与えて、そこで好きに仕事もしてもらいます。

ただし、いきなり大きな仕事を任せるのがリスクが高ければ少しずつ裁量の余地を広げてもいいでしょう。

 

②褒める

出来たことは褒めましょう。従業員を褒めるのが出来るけど息子を褒めることが難しいというケースが多くあります。

これも基本的なことですが実践しましょう。

 

③責任は社長が持つ、成果は後継者が持つ

失敗をたくさんさせることが大切です。失敗をしないと成功は生まれません。

成功するためには失敗をしてもいいんだよという社長の姿勢が必要です。

責任は社長が持つ、そして成果が出れば後継者の手柄にしてあげましょう。

 

これを上記を実践していくと「自信」が付いてきます。

顔つきも変わってきますし、社長らしい顔になってきたらそれは世代交代の時です。

20170521085542

 

 

 

ページトップ