宮崎・熊本・大分・鹿児島など南九州での経営相談(経営戦略立案・営業力販売力強化・経営革新・企業再生・創業支援)は、B’Sコンサルティングへ。経営塾・セミナー実施中!

TEL.050-3574-9887 FAX.0982-32-0317 受付.平日9:00~18:00

事業承継のとっかかりはお客様回り

事業承継計画を策定後、実際事業承継に取り組む際に何から手をつけたらいいでしょうか?

 

それは「お客様回り」です。

 

事業承継計画を作る際には、いつ承継するのかという期限を設けています。

例えば3年後社長交代という期限が決まっている場合は、それに向けて事業が継続できるように

しなくてはいけません。

 

一番大切なのは、仕事が回っていくこと。

そのためには「誰が」「何を」「どのように」運営していくのかを決めておく必要があります。

 

中小企業経営に必要な仕事は大抵以下に分かれます。

 

①営業

②財務

③経理・会計

④総務

⑤製造・加工

 

どれも大切な仕事ですがもっとも大切なのは「①営業」です。

営業は売上高や利益を生み出す最重要な仕事であり、営業が無くなると企業の存続は危ぶまれます。

しかも社長がトップセールスをしていることが多く、この営業を早めに後継者にバトンタッチすることが大切です。

 

お店であれば「店に立つこと」です。

 

後継者が決まれば得意先へ社長と後継者が一緒に回り、いずれは社長になることを伝えましょう。

得意先としても早めに後継者に会うことができれば心の準備も出来るし、

得意先が2代目などの若手であればなおいい関係が築くことが出来る可能性もあります。

 

一番いけないのが社長が代替わりをして関係が無くなり、売上が減少することです。

社長の顔で注文をしていたのだからというのもありますがそれは避けたいものです。

 

 

事業を承継する場合には、いきなり後継者が経営のやり方をドラスティックに変えるのは非常にリスクがあります。

はじめは、先代のネットワークや手法を活用し、少しずつ自分流にアレンジしておくのが望ましいでしょう。

 

なぜなら従業員さんは「変化」を望まないからです。ただ変化をしていかないと経営継続が難しいのは当然のこと。

いきなり後継者がやり方をすべて変えて従業員さんが皆辞めてしまえば元も子もない。

 

後継者はまずは「お客様回り」を先代と行い、顔を売ることから始めましょう。

20170601_03_01

ページトップ