宮崎・熊本・大分・鹿児島など南九州での経営相談(経営戦略立案・営業力販売力強化・経営革新・企業再生・創業支援)は、B’Sコンサルティングへ。経営塾・セミナー実施中!

TEL.050-3574-9887 FAX.0982-32-0317 受付.平日9:00~18:00

商売上手な歯医者的存在を目指せ

皆さん、医者と歯医者の違いってわかりますか?

「そらわかってるやろー」「医者は体全体を治し、歯医者は歯を治す」

というのがみなさんの答えだと思います。

 

もちろんそうなのですが、それだけではありません。

「営業方法」が違うのです。

 

医者は待っていれば患者さんは来るかもしれませんが、

歯科医院は数多く存在しており、待っているだけでは経営が成り立ちにくいのです。

また歯科医院には行かなくても死ぬことがないし、歯が痛い時にだけ行けばいいのですから

病院と比較して必然性がないのです。

 

歯科医院にもいろいろあると思いますが、繁盛している歯科医院は

どんな歯科医院でしょうか。施術力が優れている歯医者さんですか?

 

それだけではありません。施術力が優れているのは当然のことであり、

それ以外にいかに患者さんに継続的に来てもらえるのかを組織的に

行っている歯科医院が繁盛しているのです。

 

みなさんもご経験があると思います。

歯石を取るだけに歯医者に行ったつもりが、「○○さんここに虫歯がありますよ。」

「定期的に歯石を取りに来ないと歯周病になりますよ。」

などと言って、それだけでは終わらせてくれません。

 

私が以前通っていた歯科医院では、一つの施術が終われば次の問題を

発見し、それを次々提案されるので2年ほど月に2回通っていました。

 

まさにこれは「マーケティング」の理論だと思いませんか?

 

いかに多くのお客様に来ていただけるかではなく、

一人のお客様に何度も足を運んでもらえるようにするのか、

これを「顧客生涯価値」を高めるといいます。

 

人口が減少していく時代においては、沢山のお客様の数を増やすことには

限界があります。それよりも、一人のお客様に何度も足を運んでもらうような

仕組みが必要です。

 

リピーターになってもらうためには、顧客満足度を上げる、そして、次に来てもらう

ための宿題や課題を与えて、きっかけをつくるということです。

 

そのためにはお客様のニーズだけではなく、悩みや課題も抽出する必要があります。

 

ぜひこの事例をお店の運営やその他の営業職・コンサル職に活かしてください。

publicdomainq-0013102ibj

ページトップ