宮崎・熊本・大分・鹿児島など南九州での経営相談(経営戦略立案・営業力販売力強化・経営革新・企業再生・創業支援)は、B’Sコンサルティングへ。経営塾・セミナー実施中!

TEL.050-3574-9887 FAX.0982-32-0317 受付.平日9:00~18:00

読書力を高める

読書力というのは読書を生かしていくこと。ビジネスや生き方に転用していくことです。

読書には二つの目的があります。

 
①情報を得ること
②論理的思考力を高める、つまり頭のエンジンの排気量を上げること

 
読書をするとどんなメリットがあるのでしょうか?

 

①先人のノウハウを学ぶことが出来る
②細かいことを学ぶよりもコンセプトとフレームワークを理解することで情報の整理や処理が早くなる
③知識をインプットすることで行動のアウトプットを効果的に行うことが出来る

 
読書を効果的にやるための方法としては、

 

①読書を読む前にその本から得たい情報を明確にすること
②カバーや裏表紙等からその本がほしい情報を持っているのか
判断し、なければ読まないこと
③読むことに決めたならば最初は目次を読み、どの章に
必要な情報があるのか見つけ出し、そこから読み進めること

 

大切なのは要らない本は思い切って読むのを止めるということです。

これだけで効率的に読書が進められ、ほしい情報が得られます。

ただし、単に読書をするだけでは、思った効果は得られません。大切なことは、「アウトプット」を行うことです。

具体的にアウトプットとは、

 

①実際に行動に移すこと

②ブログ等に読書感想を書いてみること

③読書会などで他人に内容を話すこと

 

等が挙げられます。

 

読書はインプットですが「知識を得ること」でアウトプットは、それを実践で使える「知恵」に転換することです。

本を読む最終目的は、アウトプットを通じて行動を起こし、よりよい結果を出すことにあります。

 

いきなり行動に移すのは抵抗があるかもしれませんが、ブログでも構いません。

頭の中に入ったものを出してみましょう。

publicdomainq-0012344whh

ページトップ