宮崎・熊本・大分・鹿児島など南九州での経営相談(経営戦略立案・営業力販売力強化・経営革新・企業再生・創業支援)は、B’Sコンサルティングへ。経営塾・セミナー実施中!

TEL.050-3574-9887 FAX.0982-32-0317 受付.平日9:00~18:00

順境の時に逆境に備える

会社や人生というのは良い時ばかりではありません。

いつもよいほうを見てプラス思考で頑張ることも大切ですが、逆境に陥った時の

準備をしていることも同じくらい重要です。

 

現在未曾有の逆境に陥っている会社も少なくないと思いますが、そういう時こそ

会社と経営者の真価が問われます。

 

前々回も申し上げましたが、松下幸之助が逆境の時に備えて「ダム経営」行うことが必要だと言っています。

「ダム経営」とは環境のいい時にダムで資金をせき止めておいて、人・もの・金に

常に少し余裕を持たせて置く経営のスタンスのことです。

 

良いことばかりが「あたり前」になってしまうと、逆境の備えが乏しくなります。

逆境の時こそ「お客様第一」「キャッシュフロー経営」の本質を守ることです。

 

さらに「あたり前」のなってしまうことの弊害があります。

それは「感謝」の気持がなくなることです。

 

有り難い」とはうまくいったもので「有ることが難しい」と書きます。

本来はお客様がいらっしゃることも、部下が働いてくれることも、会社があることも

家族や自分が健康であることもすべて「有り難い」ことです。

 

そう思っていると感謝の気持ちが生まれます。

私も毎日「すべてのことに感謝する」と念仏のように唱えてから眠るように

しています。かなり斎藤一人さんに刺激されましたが…

 

感謝の気持ちがあると仕事や人生を大切にすることができます。

会社を経営していくには、大胆さが必要な反面、細心さも必要です。

ここと決めたら進まねばなりませんが、「危ない」と感じたことに対しては慎重に

ならなければなりません。

 

倒産した会社ほど「明るく元気」で、「おおざっぱ、見栄っ張り」です。

会社はある程度の社歴があればかなり状態が悪くなるまで借金もできるし、

手形や小切手も振り出せます。短期間なら実力以上の姿を外に見せることができます。

 

そうした時におおざっぱで見栄っ張りな人は、借金してでも「いい恰好」を

してしまう。それが経営をさらに悪化させます。

 

性格を変えることはなかなか難しいでしょうが、おおざっぱで見栄っ張りな

人はせめて逆境に備えるだけの準備はしておいたほうがいいでしょう。

 

性格は変わらなくても参謀として、パートナーとして「几帳面かつ慎重な

人材をそばに置いておく」というのも一つの方法です。
gyakkyou1

ページトップ