宮崎・熊本・大分・鹿児島など南九州での経営相談(経営戦略立案・営業力販売力強化・経営革新・企業再生・創業支援)は、B’Sコンサルティングへ。経営塾・セミナー実施中!

TEL.050-3574-9887 FAX.0982-32-0317 受付.平日9:00~18:00

社長は店に立て

社長の仕事は、お客様の要望をつかんで商品サービスを企画・改善したり、

営業活動をすることです。すべてのヒントは、お客様が持っています。

 

繁盛店は必ず社長・代表が店に立ったり、常時立っていなくてもこまめに

店舗を見に行って、お客様の動向を見ています。

 

何にお客様は引き付けられるのか、売れ筋は何か、死筋はなにか、POS

レジでは、数値実績は分かってもお客様の反応は分かりません。

それは店に立たないと分からないのです。

 

セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長は、傘下のファミリーレストラン

デニーズの経営状態を把握するために、誰にも言わずにこっそりとデニーズに

食事に行き、食事の味や接客態度、オペレーションなどをチェックしていた

といいます。グループ売上高5兆円の巨大企業の代表であっても現場のお客様の

視点が大切だと考えています。

 

中小企業の皆さんはいかがでしょうか?お店をほったらかしにして、ずっと

工場で商品を作ったり、店舗で売れないから外に営業活動したりしていませんか?

 

一番のヒントはお店にあります。一日1時間でもいいからお店に立って見ましょう。

お客様や接客しているパートさんと会話してみましょう。必ず改善のヒントがあります。

ページトップ