宮崎・熊本・大分・鹿児島など南九州での経営相談(経営戦略立案・営業力販売力強化・経営革新・企業再生・創業支援)は、B’Sコンサルティングへ。経営塾・セミナー実施中!

TEL.050-3574-9887 FAX.0982-32-0317 受付.平日9:00~18:00

自分のルーツは何か?

「ガガガガー」「ショキショキショキ」「ガガガガー…」

 

自分が物心がついた時から家で聴いていた音。

今でもその音や映像が頭に残っています。

 

その光景とは自分の母親が家で服のサンプル縫いをしていた光景。

私の母親は東京の洋裁学校を出て、大手アパレルメーカーに就職。

その後結婚して退職し、私を出産しますが10歳の時に離婚。

その後兵庫県宝塚市仁川の木造アパートに母と私の2人で暮らしていました。

 

洋裁の技術(デザイン・パターン・裁断・縫製)があることから

大阪船場センタービル内の小さなアパレルメーカーに母親は再就職

することが出来ました。

 

母親は主にデザインからサンプル作成までの仕事を行っていましたが

持ち帰りの仕事もあり、家にある工業ミシンとロックミシンでいつも

夜や日曜日になると仕事をしていたことを思い出します。

 

当時私は小学生4年生だったこともあり、隣でファミコン(奇跡的に

離婚後に父親が買ってくれた)をしながら母親はずっとミシン。

 

私はその光景を覚えていたからでしょうか。大学を出て、量販店で

衣料品を販売したり、その後衣料品問屋でバイヤーの仕事をしたり…。

 

結局衣料品分野(糸編)に関わる仕事に携わって来ました。

今思うと母親の影響が大きいです。

母親は52歳で骨髄線維症という難病で亡くなりましたが、

衣料品を作る技術があったからこそ、私を大学まで行かせてくれて

糸編の世界に導いてくれたのだと思います。

 

現在中小企業診断士という仕事をしていますが、「自分のルーツは何か?」

ということをよく考えます。今までの人生をたどっていくと、そこに

自分がこれからやるべきことが見えてきます。

 

私は糸編の活性化に寄与していきたい。そのプロジェクトを画策中です。

母親が死ぬ前に残してくれたメッセージ

「自分の好きな人生を歩むんやで。」を実現するためにも。

ページトップ