宮崎・熊本・大分・鹿児島など南九州での経営相談(経営戦略立案・営業力販売力強化・経営革新・企業再生・創業支援)は、B’Sコンサルティングへ。経営塾・セミナー実施中!

TEL.050-3574-9887 FAX.0982-32-0317 受付.平日9:00~18:00

ブログ

順境の時に逆境に備える

会社や人生というのは良い時ばかりではありません。

いつもよいほうを見てプラス思考で頑張ることも大切ですが、逆境に陥った時の

準備をしていることも同じくらい重要です。

 

現在未曾有の逆境に陥っている会社も少なくないと思いますが、そういう時こそ

会社と経営者の真価が問われます。

 

前々回も申し上げましたが、松下幸之助が逆境の時に備えて「ダム経営」行うことが必要だと言っています。

「ダム経営」とは環境のいい時にダムで資金をせき止めておいて、人・もの・金に

常に少し余裕を持たせて置く経営のスタンスのことです。

 

良いことばかりが「あたり前」になってしまうと、逆境の備えが乏しくなります。

逆境の時こそ「お客様第一」「キャッシュフロー経営」の本質を守ることです。

 

さらに「あたり前」のなってしまうことの弊害があります。

それは「感謝」の気持がなくなることです。

 

有り難い」とはうまくいったもので「有ることが難しい」と書きます。

本来はお客様がいらっしゃることも、部下が働いてくれることも、会社があることも

家族や自分が健康であることもすべて「有り難い」ことです。

 

そう思っていると感謝の気持ちが生まれます。

私も毎日「すべてのことに感謝する」と念仏のように唱えてから眠るように

しています。かなり斎藤一人さんに刺激されましたが…

 

感謝の気持ちがあると仕事や人生を大切にすることができます。

会社を経営していくには、大胆さが必要な反面、細心さも必要です。

ここと決めたら進まねばなりませんが、「危ない」と感じたことに対しては慎重に

ならなければなりません。

 

倒産した会社ほど「明るく元気」で、「おおざっぱ、見栄っ張り」です。

会社はある程度の社歴があればかなり状態が悪くなるまで借金もできるし、

手形や小切手も振り出せます。短期間なら実力以上の姿を外に見せることができます。

 

そうした時におおざっぱで見栄っ張りな人は、借金してでも「いい恰好」を

してしまう。それが経営をさらに悪化させます。

 

性格を変えることはなかなか難しいでしょうが、おおざっぱで見栄っ張りな

人はせめて逆境に備えるだけの準備はしておいたほうがいいでしょう。

 

性格は変わらなくても参謀として、パートナーとして「几帳面かつ慎重な

人材をそばに置いておく」というのも一つの方法です。
gyakkyou1

話すよりも聞くこと素直に思うことが大切

リーダーというものは、基本的に人に話す機会が多いものです。で、最初は話し下手な人もだんだんうまくなり、

そのうち話しすぎてしまうようになりがちです。話しすぎるだけならまだましです。
少なからぬ人が人の話をきけなくなるのです。

「どうせ部下など大したことは言わないだろう」ということからか傲慢になって、話を聞かなくなります。

 

松下幸之助さんは、人が成功するために大切な資質を一つだけあげるとそれは「素直さ」だと書いておられました。

実際大阪のパナソニック本社に隣接する「松下幸之助歴史館」の入口には、松下さん「素直」という字がガラスに彫られています。

それだけ素直ということに気をつけておられたということでしょう。

 

素直なら人の話を聞けるし、話から多くのヒントを得られます。

それだけではありません。人の話を聞くことにはもっと素晴らしい効用があります。

すなわち人、人は自分の話を聞いてくれる人を好きになるのです。ということは?

 

これも松下幸之助さんの話ですが、昔、講演の演題に「ダム経営」というのがあります。

ダム経営とは「ダムに水がたまっていると晴れの日が続いていても下流に安定して水や電気を

供給できる。同じように、経営も人・もの・金に少しいつも余裕を持っている必要がある」

ということだそうです。

 

ある時松下幸之助がこのダム経営をテーマに講演をしたら聴衆の一人から、

「どうすればダム経営ができるようになるのか?」という質問が出たそうです。

さて、松下幸之助の答えは?

それは「ダム経営をしようと思うことだ」というものでした。

聴衆の多くは何か特別な答えを期待したのでしょう。

しかし、聴衆の一人の若い経営者だけは「そうかダム経営をしようと思うことだ」

と素直に考え自分の町工場戻ってダム経営をできるようにしようとしました。

 

それがあの稲盛和夫さんです。

 

人が成功しているやり方をまず素直に受け入れてそしてそれを自分のものとしていく。

それが成功の近道ではないでしょうか。

 

頭の良い人が必ずしも成功しないのは、下手な理屈をこねくり回して自分流のやり方にこだわるからではないでしょうか。

 

成功する人は総じて聞くことに長けて、そして素直です。

dam-sightseeing

短期目標を立て、スター時間を作る

長期的な目標ではなく短期的な目標です。
目標であるからには計測できるものでなくてはなりません。

 

長期的な目標を立てて小さく分断するという方法もありますが、

まずは小さな目標を経てて大きくしていくという方法もあります。

 

短期的な目標立てて、達成されることで自信がつき、次の行動につながるということが可能です。

 

まずは計測できる目標、期間としては1年という年度ごとではなく、3カ月単位がいいと思います。

 

3カ月ごとに目標を定め、着実に邁進していきましょう。

そして3カ月経ったらまた次の計画を経て、また次の計画を立てる。

 

これの繰り返しで前進することができます。
ブレークダウン方式よりもステップアップ方式ですね。

 

次に、時間管理のポイントです。

・自分の一番調子の良い時間帯を知り、それを邪魔されないようにすること。

・マイナスな気持ちの時間を減らすこと。

・人生の目的を持つこと(少なくとも短期的な目標を持つこと)

 

そしてその時間帯には常に全力で仕事に取り組むことを繰り返すのです。

そうするとある時から「スターの時間」が現れてきます。

 

ぱっとアイデアを思いつく「スターの時間」にはやはり、

・脳の状態が前向きになっていること
・束縛がなく自由になっていること

 

この両方が大切なのです。そしてこれも日頃の心がけや訓練で得られるものなのです。

 

「スターの時間」に至るのは、「究極の時間術」とも言えますが

そこに行きつくためにも「やる気」を高める方法を知ることに加えて

時間を効率的に使う技を知ることも必要でしょう。

watch-1113615_960_720

読書力を高める

読書力というのは読書を生かしていくこと。ビジネスや生き方に転用していくことです。

読書には二つの目的があります。

 
①情報を得ること
②論理的思考力を高める、つまり頭のエンジンの排気量を上げること

 
読書をするとどんなメリットがあるのでしょうか?

 

①先人のノウハウを学ぶことが出来る
②細かいことを学ぶよりもコンセプトとフレームワークを理解することで情報の整理や処理が早くなる
③知識をインプットすることで行動のアウトプットを効果的に行うことが出来る

 
読書を効果的にやるための方法としては、

 

①読書を読む前にその本から得たい情報を明確にすること
②カバーや裏表紙等からその本がほしい情報を持っているのか
判断し、なければ読まないこと
③読むことに決めたならば最初は目次を読み、どの章に
必要な情報があるのか見つけ出し、そこから読み進めること

 

大切なのは要らない本は思い切って読むのを止めるということです。

これだけで効率的に読書が進められ、ほしい情報が得られます。

ただし、単に読書をするだけでは、思った効果は得られません。大切なことは、「アウトプット」を行うことです。

具体的にアウトプットとは、

 

①実際に行動に移すこと

②ブログ等に読書感想を書いてみること

③読書会などで他人に内容を話すこと

 

等が挙げられます。

 

読書はインプットですが「知識を得ること」でアウトプットは、それを実践で使える「知恵」に転換することです。

本を読む最終目的は、アウトプットを通じて行動を起こし、よりよい結果を出すことにあります。

 

いきなり行動に移すのは抵抗があるかもしれませんが、ブログでも構いません。

頭の中に入ったものを出してみましょう。

publicdomainq-0012344whh

商売上手な歯医者的存在を目指せ

皆さん、医者と歯医者の違いってわかりますか?

「そらわかってるやろー」「医者は体全体を治し、歯医者は歯を治す」

というのがみなさんの答えだと思います。

 

もちろんそうなのですが、それだけではありません。

「営業方法」が違うのです。

 

医者は待っていれば患者さんは来るかもしれませんが、

歯科医院は数多く存在しており、待っているだけでは経営が成り立ちにくいのです。

また歯科医院には行かなくても死ぬことがないし、歯が痛い時にだけ行けばいいのですから

病院と比較して必然性がないのです。

 

歯科医院にもいろいろあると思いますが、繁盛している歯科医院は

どんな歯科医院でしょうか。施術力が優れている歯医者さんですか?

 

それだけではありません。施術力が優れているのは当然のことであり、

それ以外にいかに患者さんに継続的に来てもらえるのかを組織的に

行っている歯科医院が繁盛しているのです。

 

みなさんもご経験があると思います。

歯石を取るだけに歯医者に行ったつもりが、「○○さんここに虫歯がありますよ。」

「定期的に歯石を取りに来ないと歯周病になりますよ。」

などと言って、それだけでは終わらせてくれません。

 

私が以前通っていた歯科医院では、一つの施術が終われば次の問題を

発見し、それを次々提案されるので2年ほど月に2回通っていました。

 

まさにこれは「マーケティング」の理論だと思いませんか?

 

いかに多くのお客様に来ていただけるかではなく、

一人のお客様に何度も足を運んでもらえるようにするのか、

これを「顧客生涯価値」を高めるといいます。

 

人口が減少していく時代においては、沢山のお客様の数を増やすことには

限界があります。それよりも、一人のお客様に何度も足を運んでもらうような

仕組みが必要です。

 

リピーターになってもらうためには、顧客満足度を上げる、そして、次に来てもらう

ための宿題や課題を与えて、きっかけをつくるということです。

 

そのためにはお客様のニーズだけではなく、悩みや課題も抽出する必要があります。

 

ぜひこの事例をお店の運営やその他の営業職・コンサル職に活かしてください。

publicdomainq-0013102ibj

ページトップ